ソーシャル革命!~熊坂仁美講演まとめ2


朝晩はめっきり冷えて、秋深しですね~。

なかなか更新できないのが歯がゆい片桐です。。。
週末、代官山のソーシャルメディア研究所で学んできましたが
まだ途中なので報告は先になりますが、相当の刺激と学びとなっています。

さて、この状況はなんなのでしょう。
水道栓をひねれば水が出る
ガスも同じ。電気も。
そんな日々当たり前なものの中にソーシャルメディアがある現実。
3年前までは全くありえなかったことです。
過去に無い状況。。。それがソーシャル革命って話になるんですけど。

ソーシャル化の基本は個人からの情報発信とコミュニケーションです。
前回、個人>企業というお話をしました。

個人としてどう使うか

1、個人同士が簡単に繋がることが出来るということ

2、いろんな人と交流・繋がりを持てるチャンスがあるということ
  自分から繋がりを持てるチャンスでもある。 
3、マスメディアに頼らず、情報発信が出来る
  難易度が高い分メリットも大きい。
4、自分をブランド化出来る

ここを意識してみましょう。
具体的にまずすることですが
存在感を作るためには

☆ プロフィール写真は今より一歩上のものを
☆ 定期的な投稿
☆ 頭を使ったコメント(印象的、心に残る)
良いコメントの後にはリクエストが来る
☆ 作らず、隠さず、正直に

ということが大切ですね。
そして
デジタルネイティブとはたくさんのメディアを使いこなす人のことですが
全てのサービスにアカウントを持ち(プロフは同じもの)
ブログを軸として
網羅するということで入り口を増やすこと
。。。。。

大変でしょう?
ソーシャルメディアはお金のかからない時間食い虫です
発信に時間がかかる分のめりこみ過ぎない工夫と時間管理が
もっとも大切かもしれません。
プライバシーも無いも同然
リスクを心配して使えない。。リスクにフォーカスするなら使わない方がいいかもしれませんね。
でも、リスクはチャンスでもあります。
個人の判断ってことでしょうか。

私個人は楽しくコミュニティ作りを実感してきましたので
ソーシャルメディアがくれたものは素晴らしいと思っています。

繋がりは選ばなければなりませんし
オフラインとオンラインの上手な組み合わせが出来るってことが
一番だと思っています。
今や、検索よりもソーシャル経由で人は集まります。
今後はオンラインコミュニティにフォーカスして行こうと思っています。

コミュニティの力は鉄板です。
浮気しません(笑)

熊坂さんと過ごした一日は
気づきと学びにあふれ
元気になれました。
なにより、コミュニティの仲間たちと
エキサイティングな講演を聞けたことが
とても嬉しかったです。

ソーシャルメディアは時間がかかりますが
人を介して素敵なものが届くかもしれません。
まず、自分を磨かないとですね。

ソーシャル革命!~熊坂仁美講演まとめ1 はこちら